wealthnavi_image

https://richstyle.jp

スポンサーリンク




WealthNavi

ウェルスナビ開始2ヶ月の運用成績・実績【手数料・分配金を公開】

更新日:

以前の記事で、自動資産運用システムとして

「WealthNavi(ウェルスナビ)」を紹介させていただき

 

 

2017年7月初旬に1000万円を

ウェルスナビに入金したという記事を公開いたしました。

 

 

この記事を書いているのが2017年9月13日で

あれから2ヶ月が経過しました。

 

 

ウェルスナビ開始2ヶ月の運用成績を

このブログ記事で公開するのと同時に

 

保有している銘柄(ETF)の分配金が入金されていたので

ウェルスナビの分配金についてもブログで公開します。

 

 

 

また、ウェルスナビの手数料が

どういう風に徴収されるのか?

 

について知りたい方もいらっしゃると思いますので

 

 

この記事でウェルスナビ手数料の

支払い方法についてもお伝えいたします。

 

ウェルスナビ誘導バナー

今回、ウェルスナビとタイアップして

現金がプレゼントされるキャンペーンを実施することになりました!

↓ ↓ ↓

WealthNaviタイアップキャンペーン

現金プレゼントタイアップ特典を受け取るにはこちらをクリック

 

ウェルスナビ開始2ヶ月の運用成績(米ドル換算で5%の利益)

ウェルスナビを開始してから2ヶ月が経過した実績はこちらです。

まずは下の円建ての運用成績を見てください。

wealthnavi_dividends10

私は、7月初旬に1000万円をウェルスナビに投入して

1ヶ月ごとに10万円積み立て入金する設定にしています。

 

つまり、この記事を書いている9月13日時点における合計は

1020万円の資金をウェルスナビで運用していることになります。

 

 

 

というわけで、上記画像の赤丸部分の通り1020万円の資金投入に対して

9月12日時点では1043万円になっていますが

 

これはリスク許容度を5に設定しているからです。

 

 

ですので、もし仮に同時期にウェルスナビを開始した人は

リスク許容度が異なれば違う運用成績になっています。

 

そして、次に注目してほしいのが

こちらの米ドル建での運用成績です。

wealthnavi_dividends11

赤丸部分をご覧いただくとわかると思いますが

 

米ドル建だとなんとこの2ヶ月で

5%以上もの利益が出ている運用成績を叩き出しています。

 

 

日本円と米ドルでこれだけ運用成績に差が生じるのは

過去記事でもお伝えした通り

 

ウェルスナビが米国のETFで構成されており

日本円で入金した時の為替状況に左右されるからです。

 

 

私がウェルスナビを始めた2017年の7月と比較すると

9月は円高になっていて7月時点では1ドルあたり113円ぐらいだったのが

 

現在(9月)は1ドル109円ちょい。

 

 

つまり、ウェルスナビでの運用を開始してから

約4%為替が変動しているので

 

日本円と米ドル建ての運用成績にこれだけの差が発生しています。

 

 

ここからは考え方次第ですが先ほどもお伝えした通り

ウェルスナビは米ドル建ての資産運用プログラムなので

 

現在が米ドルに対して円高だと想定するのであれば

今のうちにしっかりと積み立てておくと

 

 

将来円安になった時に運用益だけでなく

為替差益も狙えることになるので

 

ダブルで美味しい実績が待っていることになります。

 

 

 

あえて言うまでもないことですが

 

為替ですので逆にもっと円高になって

円建てでの運用成果が上がらないということも考えられます。

 

ウェルスナビで運用した2ヶ月間の運用成績・推移

WealthNaviはロボアドバイザーと呼ばれる

自動資産運用プログラムなので

 

先ほどお伝えしたように運用成績が良い時は

運用益となりますが、元本割れのマイナスになる時もあります。

 

 

例えば私の場合だと

円建て換算で7月時点ではプラスの運用成績だったのが

 

下記画像のように8月19日には

マイナス2.02%になっていた時期がありました。

wealthnavi_dividends12

1000万円以上入金しているのでマイナス2%というと

上記画像赤丸部分の時はマイナス20万円ぐらいですね。

 

 

市場というのは経済状況や社会情勢に影響を受けやすいので

マイナスになったらさらに積み立てる

 

ぐらいの気持ちがあった方が良かったりしますが

 

 

とは言え未来を予測することはできないので

 

何も考えずに一定金額を定期的にドルコスト平均法で

資産を積み立てていくのが

 

なんだかんだ言っても最終的には一番オススメです。

 

 

私の場合は毎月10万円ずつ追加で入金しているので

直近の9月5日には下のような感じで

 

10万円の入金とその分の追加ETF購入が自動で行われていました。

 

ウェルスナビをはじめとした自動運用ロボアドバイザーの良いところは

こちらが特に何も指示をしなくても

 

追加で入金した日本円を

その時の資産状況に応じて追加投資してくれるところです。

 

 

上記画像のように、9月の場合は

米国株(VTI)3口・日欧株(VEA)11口の購入となっていますが

 

 

その1ヶ月前である8月は

下の画像のように米国株(VTI)5口・米国債券(AGG)2口が購入されていました。

wealthnavi_dividends9

 

このように資産ポートフォリオを自分で管理して

ご自身で最適に運用できる方は

 

ウェルスナビのような自動資産運用プログラムは不要ですが

 

 

私のような素人にはこの仕組みは本当にありがたいですし

良くやってしまいがちなのが

 

 

自分の感情を優先させてしまい

決まったルール通りに資金投入やリバランスができない

 

という状況をウェルスナビは防いでくれます。

ウェルスナビの手数料は毎月払い(年率1%(税別))

ウェルスナビの運用手数料は年率1%(税別)ですが

いつ支払うのかというと

 

毎月1日に前月分として1ヶ月分の手数料が

自動的に引かれていく仕組みになっています。

 

具体的には上記画像のように

月初に自動的に手数料としてトータル資産額から減算されていく感じで

 

年に1回ドカンとこれまでの手数料を請求されるわけではありません。

ウェルスナビの分配金は自動的に再投資

以前の記事でもお伝えしましたが

 

ウェルスナビは米国のETFを

リスク許容度に合わせた構成比率に沿って

 

購入していく仕組みなので

 

 

ETFの銘柄によっては、下のように

分配金がある場合があります。

 

私がウェルスナビの運用成績を見始めてから

まだ2ヶ月しか経過していませんが

 

8月には上記の米国債券(AGG)から728円

 

 

9月にも下記の米国債券(AGG)から

754円が分配金として入金されていました。

   

分配金が入金されたとしても

自分は何もしなくてもタイミングをみて

 

ある程度の日本円での余力がたまったら

ウェルスナビが全自動で再投資してくれます。

 

 

保有銘柄のどの銘柄が何月に分配金を入金してくれるかは

少し調べればわかりますが、

 

複利の観点からも自動で再投資してくれるのは

非常にありがたい仕組みです。

まとめ(2ヶ月の運用成績からウェルスナビを評価)

評判のロボアドバイザー・ウェルスナビが

実際どんな感じなのか試してみたくて

 

2ヶ月が経過しましたが

 

結論としては資産運用初心者にとっては

非常に良い仕組みだと感じました。

 

 

記事でも記載させていただきましたが

 

ご自身でポートフォリを組んで再投資や

リバランスを自分でできる人にとっては

 

年率1%(税別)の手数料は高いと感じるかもしれませんが

 

 

私のようななるべくほったらかしで

資産運用をしたいという人にとっては

 

非常にわかりやすいですし、その時の結果が一目でわかるのでオススメできます。

 

 

この2ヶ月の運用成績を見ても

 

ちょうど北朝鮮のリスクなどで円高になってきているので

タイミングが悪かったのかもしれませんが

 

元本を大きく割るようなことはありませんし

 

 

むしろ米ドル建てであれば

2ヶ月にしては大きな利益になっています。

 

 

資産運用というとリスクがあって

ご自身の資産がマイナスになる恐怖からか

 

挑戦しようとする人は多くはありませんし、

 

 

先ほどもお伝えしましたが

私も一時期はマイナスになっていた時期もありました。

 

 

ウェルスナビを始めとする

自動資産運用プログラム(ロボアドバイザー)は

 

簡単に言ってしまうと世界経済に投資しているので

 

 

 

各国が成長し続ければ

基本的にはリターンがあることになりますし

 

時には今回の北朝鮮や過去のリーマンショックのように

世界的に経済が大きくマイナスになることもあります。

 

 

 

また、このブログでは資産運用に関する

他の情報も随時公開していきます。

 

 

つい最近ではSBI証券がウェルスナビと同じような

 

自動資産運用プログラムとして「THEO」という

ロボアドバイザーサービスを開始しました。

 

 

早速、テオに100万円ほど入金したので

テオ(THEO)の運用成績を後日公開します。

 

(2017/10/22 追記)

ウェルスナビとテオ(THEO)の両方で運用した結果を公開しました。

運用実績を見たい方はこちらへお願いします。

ウェルスナビとテオ(THEO)の比較【1000万円の運用成績をブログで比較】

ロボアドバイザーと呼ばれる 自動資産運用サービスのブログ記事   特にウェルスナビについてのアクセスが増えてきたので     ウェルスナビ運用開始から 約130日が経過した、2017年11月22日現在 ...

 

 

 

今の時代は銀行にお金を預金していても

全く増えない時代です。

 

下手に銀行に日本円を寝かしておくよりは

 

ウェルスナビのようなリスクを最小限に抑えることができる仕組みを使って

銀行の利回り以上のリターンを狙ってみてはいかがでしょうか?

 

 

興味がある方は、ウェルスナビ公式ページで

まずは運用プランの無料診断をしてみてください。

 

ウェルスナビ誘導バナー

今回、ウェルスナビとタイアップして

現金がプレゼントされるキャンペーンを実施することになりました!

↓ ↓ ↓

WealthNaviタイアップキャンペーン

現金プレゼントタイアップ特典を受け取るにはこちらをクリック

-WealthNavi

Copyright© プロブロガーになって本を出版することになるブログ by naoki1741 , 2018 All Rights Reserved.