vr_zone_shinjuku_main

https://richstyle.jp

スポンサーリンク




旅行

VR ZONE SHINJUKUの感想と混雑状況【長過ぎる待ち時間を短縮する裏技】

投稿日:

評判のVR ZONE SHINJUKUに

2017年10月21日(土)に行ってきたので、

 

当日の混雑状況と実際に体験した

各アトラクションの感想をブログでお伝えいたします。

 

 

このブログ記事では

VR ZONEの評判を聞いて興味があるけど、

 

現地の混み具合や

待ち時間・予約状況などについて事前に知っておきたい方や、

 

実際の感想を知りたい人に

私の体験・感想を包み隠さず暴露いたします。

 

ちなみに私が今回

VR ZONE SHINJUKUで体験したアトラクションは以下の4つです。

 

・マリオカートアーケード グランプリVR

 マリオカートアーケードグランプリVR

 

・エヴァンゲリオンVR The 魂の座

 エヴァンゲリオンVR The 魂の座

 

・極限度胸試し ハネチャリ

 極限度胸試し ハネチャリ

 

・急滑降体験機 スキーロデオ

 急滑降体験機 スキーロデオ

 

上記4アトラクションのおすすめポイントや感想について

このブログ記事でお伝えしますので、最後まで読んでください。

 

VR ZONE SHINJUKUの場所

 

VR ZONE SHINJUKUの場所は

東京新宿の歌舞伎町になりますが

 

具体的な住所は「東京都新宿区歌舞伎町 1-29-1」です。

 

詳細な場所を確認したい方は

下のグーグルマップから地図を確認しましょう。

 

 

VR ZONE SHINJUKUがある場所は

歌舞伎町に入った所にゴジラの映画館がありますが

 

そのゴジラの映画館のすぐ隣にありますので

ゴジラまでたどり着けば、そこまで迷うことはありません。

 

VR ZONE SHINJUKUの待ち時間は1時間〜2時間を覚悟すべし

VR ZONE SHINJUKUの感想について

最初にお伝えしたいことは「とにかく待ち時間がすごい」です><

 

下記の写真を見ていただければわかる通り

時間帯にもよりますが、人気アトラクションは1時間待ちが必須です。

 

待ち時間がすごい

 

VR ZONE SHINJUKUに来る人は

当然ながらマリオカートやエヴァンゲリオンなどの

 

人気アトラクションをやりたくて来る人が

大多数だと思いますが

 

 

マリオカートやエヴァンゲリオンのような

有名なアトラクションはもちろんのこと

 

待ち時間が1〜2時間な場合が多く

列に並んでいる待ち時間がとても長いです。

 

 

 

私がVR ZONE SHINJUKUに行った時は

土曜日で天候はあいにくの雨でしたが、

 

 

午後1時に入場した段階で

マリオカート・エヴァンゲリオンは1時間以上の待ち時間になっていました。

 

 

 

しかも、これは仕方がないことですが

1時間以上の待ち時間を乗り越えて

 

ようやく人気アトラクションをプレイできたと思っても

 

実際のプレイ時間は4分から

長くても7分程度という感じなので、

 

 

 

まるでここはディズニーランドか?

というような感想を抱く人が多いと思います。

 

待ち時間に並ぶ行列

 

VRを体験したことがない人にとっては

実際にVRゴーグルを装着して

 

自分の視界全てがVRの世界になると

あまりの感覚に感動するかもしれませんが

 

 

VR ZONE SHINJUKUに行く前に

すでにSONYのプレイステーションVRをプレイ済みだと

 

そこまでの感想はありませんし

待ち時間の割にこれで終わりか!という感想は否めないかもしれません。

 

 

 

とはいえ、家庭用ゲーム機では体験できない

子供時代に憧れたロボットの操縦席や

 

レーシングカートの運転席

空飛ぶ自転車を実際にこぐ体験は

 

VRでしか経験できませんので

VR ZONE SHINJUKUに興味がある人は

 

もっと人気が出て混雑状況が悪化する前に行くことをオススメします!

VR ZONE SHINJUKUに行くなら平日、もしくは午前中を狙え!

このブログ記事を読んでいるということは

VR ZONE SHINJUKUに興味があることは間違いないので

 

もしVR ZONE SHINJUKUに行くのであれば

混雑を避けるため、まずは平日を狙ってください。

 

 

土日・祝日はどうあがいても

混雑して待ち時間が長くなりますので

 

可能であれば、待ち時間が少ない

平日に行くことを強くオススメします。

 

 

そして、あえて言うまでもありませんが

 

待ち時間を少なくしたい

混雑を避けたいというのであれば

 

必ず午前中に行きましょう。

 

 

VR ZONE SHINJUKUに限ったことではございませんが

 

午後から混雑状況のピークが始まって

夕方ぐらいまでが一番混雑します。

 

 

先ほどもお伝えしましたが

混雑状況のピーク時には

 

人気のマリオカート・エヴァンゲリオンは

 

ほぼ間違いなく2時間以上の

待ち時間が必要となります。

 

 

入場料金を支払って入ったは良いけど

入場するタイミングによっては

 

2時間の待ち時間を耐えなければなりませんので

 

 

できる限り混雑していない時間帯を狙って

 

頑張って早起きして

開場直後から午前中に行かれることを強くお勧めします。

 

事前チケットの予約は必要?当日の混み具合・当日券の混雑状況は?

ちなみに、VR ZONE SHINJUKUには

当日の混雑を避けるため?事前予約チケットが存在します。

 

PC・スマホのネット回線を使うことで

VR ZONE SHINJUKUの予約チケットをWebで購入することができます。

 

 

ですが、私もVR ZONE SHINJUKUに

行こうと決めた時にインターネットを使って

 

色々と混雑状況を調べてみたんですが

ブログなどを拝見すると

 

 

事前に予約チケットを買わないと

当日入場できない!?

 

というような記事をたくさん拝見しましたが

 

 

2017年10月21日現在では

事前予約チケットと同額で当日券を普通に購入することができました。

 

要するに予約チケットだけで

入場規制をするような状況ではない、ということです。

 

 

私が拝見したVR ZONE SHINJUKUの紹介ブログは

 

VR ZONE SHINJUKUの公開前

もしくは公開直後のブログ記事ばかりだったので

 

 

混雑状況がとても激しく

待ち時間もひどかったのかもしれません

 

 

 

ちなみに、事前予約チケットに13:00〜とか

15:00〜という表記があるので、勘違いしやすいんですが

 

基本的に、当日券(当日チケット)は

何時でもどの時間帯でも入場することが可能です。

 

 

 

というより、入場できないような混雑状況だとしたら

 

人気アトラクションの待ち時間は

間違いなく、軽く3時間とかになっているはずなので

 

 

逆に予約チケットは購入せずに

当日現地に行ってチケットブース前に行って

 

各アトラクションの待ち時間を確認して

混雑状況を見てから、当日券を購入した方が賢いです。

 

 

 

私の体験した感想だと、60分待ちであれば

 

初回アトラクションの待ち時間は

何とか耐えることができますが

 

2個目・3個目で1時間〜2時間待ちはキツイです><

 

 

後述しますが、アトラクションの順番を待っている間に

 

VR ZONE SHINJUKUのスタッフさんの演出

(動け、動け、動いてよぉ〜等)が無ければ、絶対に待てません

 

 

というわけで、事前予約チケットの購入は

必須ではありませんので

 

もし私と同じように、

ヤバい!明日行くんだけど、事前チケット購入してない!

 

 

という方は焦らずに当日現地に行って

事前予約チケットと同じ値段で当日チケットを購入しましょう。

 

 

 

ポイントは当日VR ZONE SHINJUKUに

着いた時の現地の混雑状況と

 

入り口に表示されている

各アトラクションの待ち時間を見てから

 

当日チケットを購入するか否かを決めれば大丈夫です。

 

 

 

ちなみに、再入場については

当日中であれば何度でもできますので

 

VRをやって気持ち悪くなった

空気がよどんでいて気分が悪くなった

 

お腹が空いた、映画がみたくなったという方は気軽に一度退場して大丈夫です。

VR ZONE SHINJUKUの長過ぎる待ち時間を短縮する裏技

というわけで、VR ZONE SHINJUKUの

アトラクション紹介の前に、混雑状況・待ち時間について

 

これでもかとお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

あとでお伝えしますが

VRのアトラクションは斬新なのが多いので

 

このブログ記事を読んでいる方であれば

是非行って欲しいと思います。

 

 

ですが、何度もお伝えしている通り

正直なところ待ち時間が強烈に長いです><

 

 

もちろん、人気アトラクションの

マリオカート・エヴァンゲリオンなど以外であれば

 

 

いくら場内が混んでいても中には

10分待ち程度のアトラクションもあります

 

 

 

しかし、事前予約チケット・当日チケット(4400円)を購入したからには

 

最低でも4つのアトラクションを

絶対に体験したいはずですし

 

せっかくですから、評判で人気の

マリオカートとかエヴァンゲリオンをやりたいじゃないですか?

 

 

でも、現地に着いたら1〜2時間待ち

だったらさすがに辛いですよね;;

 

 

関東に住んでいて東京の新宿に

気軽にこれる人だったら

 

今日は混んでるから

違うアトラクションを体験して、また来ればいいや!ってできますけど

 

 

 

地方から東京観光とかで来ていたら

 

せっかく来たんだから

何としてもその日のうちに体験したいですよね?

 

 

そんな方のために用意されているのが

エクスプレスチケット(1000円)です。

これはディズニーランドのファストパスを

イメージしてもらえばわかりやすいですが

 

どれだけ混んでいるアトラクションも

このエクスプレスチケットを係員に見せると

 

すぐにそのアトラクションを

プレイ直前の最前列に割り込めます。

 

 

 

その割り込み具合と言ったら

本当に絶句するぐらいの割り込み方ですが

 

 

ディズニーランドのファストパスは

ファストパス専用の入り口・列があって

 

その優先レーンを進むと

アトラクションまで後少しっていう部分の列に合流するじゃないですか?

 

 

 

VR ZONE SHINJUKUのエクスプレスチケットは

そんな優先レーンとか特別な入り口とか列があるわけではなく

 

とにかくそのアトラクションの近くにいる

スタッフさんを捕まえてエクスプレスチケットを見せると

 

次にプレイ可能なポジションに

強制的に割り込ませてくれます。

 

 

・・・なんともアナログと言いますか・・・

 

そもそもエクスプレスチケットの存在を知らない人や

1000円を出したくない人が多いのか

 

 

周りにエクスプレスチケットを使っている人が皆無なので

地味に目立ちます><

 

 

 

だって、1〜2時間も待ち疲れている

行列の目の前で割り込むんですから

 

なんとも視線が痛いのなんのって・・・・

 

 

 

 

と、普通の人はなるんでしょうが

私は全然気にならなかったので

 

最初のエヴァンゲリオンで1時間並んだ後は

エクスプレスチケットを3枚購入してVR ZONE SHINJUKUを満喫しました。

 

 

 

先ほどもお伝えしましたが

午後からは本当に混雑するので

 

土日に行く方は遠慮せずに

エクスプレスチケットを使いましょう。

 

 

 

2時間・3時間も待つぐらいなら

 

1000円ぐらい払ってしまった方が

ノーストレスでまわれますし

 

デートとかの場合は待ち時間で

会話が尽きることが必至なので

 

 

初デートとかなら、ガンガン

 

エクスプレスチケットを購入した方が

デートの成功率が上がることは間違いありません。

 

 

ちなみに、エクスプレスチケットは

1枚ずつしか購入できません。

 

 

 

エクスプレスチケットは入場口裏にある

インフォメーションブースで購入可能ですが

 

一人につき1枚ずつしか発券できませんし

エクスプレスチケットが利用可能な時間が指定されます。

 

 

 

 

ですので、マリオカートを15:00〜15:30に

エクスプレスチケットで体験しようとして

 

 

マリオカートのエクスプレスチケットを購入したら

 

マリオカートを体験し終えるまでは

次のエクスプレスチケットを購入することができません。

 

 

しかも、このエクスプレスチケットは

時間帯における購入数量が限定されていて

 

 

例えば、15分後に乗りたい!

と言っても、そもそも購入できないです。

 

 

 

というわけで、Webチケット・当日券を購入した場合のオススメは

 

とりあえず、待ち時間を確認して

1個目のアトラクションは並んで

 

2個目に乗りたいアトラクションの

エクスプレスチケットを先に購入しておくと良いです。

 

 

 

そうすると1個目が終わった時に

2個目のアトラクションのエクスプレスチケットの時間になるので

 

連続してVRアトラクションを

体験できるので、満足度が高いです。

 

 

その後は、4個目のエクスプレスチケットを

購入してから3個目に並んでも良いですし

 

3個目のエクスプレスチケットを買って

外にお茶をしに行っても良いですし

 

 

3個目・4個目は待ち時間が

短いアトラクションにするのもアリです。

 

 

 

とにかく絶対にやってはいけないのが

 

全部1時間以上の待ち時間で並ぶことです

4つとも並んだら軽く5時間・6時間かかりますから・・・

 

 

 

それではここから私が体験した4つの

評判のVRアトラクションの感想を紹介します。

マリオカートVRはスタートするまでが山。スピード感なさすぎるのが致命的

まず最初にお伝えしておきたいのが

マリオカートアーケードグランプリVR

 

 

おそらくこの記事を読んでいる人も

 

マリオカートがVRで楽しめるなんて超楽しみ!!!

っていう人が多いと思うんですが

 

 

私を含めてマリオカートを

これでもかとやり込んできた人からすると

 

 

VR ZONE SHINJUKUで体験できる

マリオカートグランプリVRを一言で言うと

 

超もっさり

 

 

 

というか、家庭用ゲーム機でやり慣れている

いつものスピード感が全然ないので

 

 

デパートによくあるような子供用の

ゆっくりしたゲームに似ています。

 

 

 

バナナとか甲羅のアイテムを

手を挙げて拾って投げるのとかは面白いんですが

 

とにかくスピード感が大人には足りない

 

 

ゲーム世代の人には

特に物足りなさがハンパないです><

 

 

 

いや、なんていうか

マリオカートって行ったら

 

アクセル全開でキュキュキュキュって

ドリフトしたいじゃないですか?

 

 

ぶっちぎりで1位を走っていて

2位の赤甲羅攻撃をバナナで防いだり

 

完全な嫌がらせ仕様としか思えない

アイテム攻撃をコンマ1秒の世界でかわすのが楽しいじゃないですか?

 

 

ダッシュ板とかキノコをここぞというタイミングで使って

 

ショートカットして

ライバルをごぼう抜きして

 

仕掛け満載の面白いコースを颯爽と駆け抜けたいじゃないですか?

 

 

という感じでマリオカートを

幼少期?に体験してきた方だと

 

正直、VR ZONE SHINJUKUのマリオカートグランプリVRは

 

 

スピード感がなさ過ぎて

イマイチ感がぬぐえません。

 

 

 

よりによって、VR ZONE SHINJUKUの評判アトラクションですし

 

このマリオカートをやりたくて足を運ぶ方が

とても多いかと思いますが

 

正直なところ、あまり期待しないほうが

プレイ後のガッカリ感が少なくて済みます。

 

 

 

VRゴーグルを装着して

マリオカートの世界に入り込んで

 

レースがスタートする直前までが

一番ワクワクしますし、そこが山場です。

 

 

360度見回すことができますし

後ろを向けばライバルがいたりするので

 

本当にカートでレースをしている感覚を

体験することができるのは革命的です。

 

 

 

しかし、スタートしたらすぐにわかりますが

あれ?おっそ、みたいな感じは否めません。

 

 

ただし、この感想はあくまでも

家庭用ゲーム機でマリオカートを150ccで遊び尽くした人の感想です。

 

ゲームの経験自体があまりなくて

マリオカートって評判のゲームだよね?

 

ぐらいな人にはとても良いと思います。

 

 

というより、実際にマリオカートVRをやってみて思ったのが

 

これ以上スピードを上げてしまうと

気持ち悪くなる人が続出するのではないだろうか・・・

 

という感想は否めません。

 

 

 

VR自体に慣れていないと、ただでさえ

数分で酔ってしまう可能性が高いので

 

マリオカートVRのような

レーシングゲームをハイスピードで体験してしまうと

 

おそらくほとんどの人が気分が悪くなってしまう可能性が高いです。

 

だからこその、もっさり感だと思いますし

 

ライト層が気持ち悪くならない程度の

スピード調整がされていると感じました。

 

 

 

というわけで、マリオカートを

ゴリゴリやっていたような人は

 

マリオカートアーケードグランプリVRには絶対に期待しないでください。

 

エヴァンゲリオンは何をしているかわからないうちに終わる。初見クリア不可

次に感想を紹介するのは「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」です。

 

 

まず最初にお伝えしておきますが

 

このエヴァンゲリオンVR The 魂の座は

初見ではクリア不可能です。

 

 

ゲーム自体は自分がエヴァンゲリオンに搭乗して

 

仲間と一緒に、最強の使徒と名高い

第10使徒ゼルエルと戦闘するゲームですが

 

 

 

使徒が放つ攻撃(レーザー)を

そもそも回避することが難しいです。

 

 

マリオカートVRと同じで

 

こちらのエヴァンゲリオンも自分自身は

そんなに早く動くことができません。

 

 

動くことができなくて

ビルの影に隠れてれば大丈夫

 

と思っていても、ビルが壊されて

普通にダメージをくらい続けます

 

 

操作方法自体はとてもシンプル

 

両手のレバーを同じ方向に倒せば

倒した方向にエヴァが動いて

 

 

左のトリガーで武器を補充して

右のトリガーで射撃攻撃をするだけです。

 

目標をセンターに入れてスイッチ

目標をセンターに入れてスイッチ

目標をセンターに入れてスイッチ

 

 

 

本当にこれだけです。

 

注意点は左右のレバーの上に

ボタンが付いていますが

 

実際には何も使わないということと

 

 

ある程度のダメージを受けると

何も行動できなくなってしまうということ。

 

 

 

このアトラクションを始める前に

スタッフから説明を受けることになりますが

 

エヴァがダメージを受けてしまったら

 

 

「動け!動け!動いてよぉ〜〜!!!!」

 

と恥ずかしがらずに

叫ぶことで再起動時間が短縮されるので

 

是非、この記事を読んでいる人は試してみてください。

 

 

私が実際にやってみた感想としては

「動け!動け!動いてよぉ〜〜!!!!」だけだと

 

正直、間が持たないので

ここは原作を忠実に再現して

 

 

「動け、動け、動け!」

「動け、動いてよ! 今動かなきゃ、何にもならないんだ!」

 

 

「動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動け、動いてよ!」

 

 

「今動かなきゃ、今やらなきゃ、みんな死んじゃうんだ!」

 

「もうそんなの嫌なんだよ!だから、動いてよ!」

 

 

 

という風に完全フルセンテンスで

周囲の目を気にせずに叫ぶことで

 

ちょうどタイミングよく戦線に復帰できるので、臆せずにチャレンジすることをお勧めします。

 

 

 

ちなみにこのエヴァンゲリオンも

エヴァが戦闘シーンに入る直前までが山場だったりします。

 

 

エヴァンゲリオンのコックピットである

エントリープラグに実際に入ってみて

 

 

360度、周囲を見渡すことができますし

 

LCLが注入されていくシーンはもちろん

両手・両足の部分までリアルに再現されているのは必見です。

 

 

初見プレイだと戦闘シーンに入った瞬間に

撃っても撃ってもビクともしない敵と

 

敵のレーザーを避けたくも避けれず

わけがわからないうちに、間違いなく2・3回やられてしまいます

 

 

 

再起動モードになったら

忘れずにさっきの「動け動け動いてよぉ〜〜〜!!!」と

 

恥ずかしがらずにレバーをガシガシしながら叫びましょう。

 

 

 

個人的にどうしてもお伝えしたい感想は

 

本当に「動いて」ほしいのは

エヴァンゲリオンの順番待ちの列です。

 

ハネチャリが最高に楽しい!初見プレイでもクリアは余裕

3つ目の感想は「ハネチャリ」です。

 

まず最初にお伝えしたいのが

 

体験した4つのVRアトラクションの中では

このハネチャリが一番面白いです。

 

 

 

 

景色が綺麗な岩場や水辺・洞窟を

空飛ぶ自転車で飛びながら目的地を目指すゲームなんだけど

 

マリオカート・エヴァンゲリオンとは違って

スピード感があるし、何よりも空を飛んでる感がとても気持ちが良いです。

 

 

操作方法はペダルを漕いで上昇して

ハンドルを前に倒すことで進んで

 

左右に体重をかけることで進行方向を変えることができます。

 

 

 

ちなみにこのハネチャリは

正直なところ、とても簡単です。

 

 

初見プレイでもだいぶ時間を余らせて

ゴールまでたどり着くことができましたし

 

道に迷わない造りになっています。

 

 

 

自転車に乗っている感覚でプレイできますし

 

VR特有の酔いも少ないので

VRが初めての方はまずこのハネチャリからやってみると良いかもしれません。

 

 

ポイントとしては、漕げば進むわけではなく

 

ペダルを漕いで上昇したら

ペダルを漕ぐのを完全に停止して

 

そこから風に乗って下降する勢いで進むイメージを持っているとゴールは楽勝です。

スキーロデオはどこに行っていいかわからない、酔う、落ちる

そして、最後にプレイした

VRアトラクションはスキーロデオです。

 

スキーロデオの感想としては

「どこ行っていいか全くわからない」です。

 

 

 

雪山をスキーで滑降しながら降りて

制限時間内に目的地に辿り着くゲームですが

 

 

自由すぎるし、雪山なので

どこに向かって進んだら良いのかさっぱりわかりません。

 

 

 

しかも崖がどこにあるのかが

全くわからない&結構スピード感があるわ

 

左右の急ターンができないので

気がつけば崖を落下しまくる始末・・・

 

 

操作方法自体はよくある

ゲームセンターのスキーゲームと同じなので

 

そんなに難しくはないんですが

想像以上に酔います。

 

 

 

やはりVRはスピード感があると

 

あっという間に酔ってしまうので

酔いやすい体質の方は、くれぐれも注意してください。

 

まとめ(VR ZONE SHINJUKUの待ち時間・混雑状況・感想)

いかがだったでしょうか?

 

VR ZONE SHINJUKUはVRを体験するには

とても手軽で良い場所なんですが

 

平日や午前中を狙っていかないと、いかんせん待ち時間が長いことが予想されます。

 

 

 

1時間や2時間の待ち時間が平気な方は

全く問題ございませんが、時間がない方や

 

2時間も待っていられない方は

すでにお伝えした通りエクスプレスチケットを購入しましょう。

 

 

 

将来的にはこのようなVRが一般的になり

家庭用ゲーム機では実現できないような

 

自転車やコックピットのような体験型の

アトラクションがゲームセンターのような施設に導入されていくかもしれません。

 

 

VRの技術はとても素晴らしいことですし

 

VR ZONE SHINJUKUのような

あれだけの省スペースで

 

現実のような臨場感溢れる体験ができるのは

技術革新がもたらした革命です。

 

 

今後はますますこのようなVRの技術を

活用したサービス広まっていくと思いますし

 

個人的にはまだ未完成の新築マンションの

モデルルームを遠隔地でVR体験できたり

 

 

一軒家のリフォームや美容整形のビフォーアフターだったり

 

 

身体が不自由で思うように動けない方が

まるで旅行に行ったような体験ができたり

 

そう簡単には行くことができない

海中・空中・宇宙を疑似体験できたり

 

 

すでに使われているかもしれませんが

 

自動車・飛行機・船・潜水艦など

ありとあらゆる乗り物のシミュレーターとして最適ではないでしょうか?

 

 

個人レベルですと、VRが普及したら

映画館は完全に不要になると思います。

 

 

家庭用のVR機器がすでに発売されており

 

自宅でVR体験をしたからこそわかりますが

まず最初に映画館が不要になります。

 

 

いつでも好きな時に自分だけのスクリーン

立体音響で映画を好きなところから再生できたら最高だと思いませんか?

 

 

そして、その状況をVRの世界で

他の人と共有できて、離れたところにいても

 

 

一緒に同じ作業ができたり

紙や数字だけでは伝わりにくい内容を

 

VRで具現化することで、その内容を元に

打ち合わせすることでビジネスの効率アップにも直結します。

 

 

 

ITテクノロジーが発達している世の中で

VRの技術は今までよりも生活の一部に浸透し始めていることは間違いありません

 

VRに興味があるのであれば

是非、VRを体験してみてください。

 

ですが、VRは慣れるまでに

少し時間がかかるので

 

 

VR ZONEで気持ち悪くなりたくない!

デートを台無しにしたくない!

 

ご自宅でVRを先に体験しておきたい!

VRの感覚に慣れておきたい!という方は

 

 

2017年10月14日に改良版が発売された

プレイステーションVRがおすすめです。

 

 

 

VR対応ソフトは色々発売されていますが

以下の3つがおすすめです。

 

VR完全初心者ならまずはこれ

 

VRでホラーはリアル過ぎると噂の

 

なかなか最初の扉が開けられない

バイオハザードを体験したい方はこちら

 

こういうソフトこそVR!

という方は迷わずに今すぐにポチりましょう。

 

 

肝心のVR ZONE SHINJUKUの詳細、および

事前予約チケットはこちらから購入可能です

↓ ↓ ↓

-旅行

Copyright© プロブロガーになって本を出版することになるブログ by naoki1741 , 2018 All Rights Reserved.