https://richstyle.jp

スポンサーリンク




旅行

マレーシアの高級ホテルが安い【トレーダーズホテルのスカイバーは夜景が最高】

更新日:

マレーシア・クアラルンプールの高級ホテル

トレーダーズホテルに2018年1月末に宿泊しました。

 

宿泊プランはクラブフロアに入れる

キングベッドサイズのプランです。

 

 

トレーダーズホテルのお部屋も素敵でしたが

特にスカイバーから見たマレーシア・クアラルプールの夜景が最高だったので

 

シティー派代表のこの私がブログで詳しく紹介します。

(自然大好き!ネイチャー派の方は今すぐ他のホテルを探してください)

 

トレーダーズホテルで実際に宿泊した部屋【キングサイズのベッドは広くて最高!】

 

私が今回宿泊したのはトレーダーズホテルの

キングサイズベッドがあるお部屋で

 

17時〜19時に32階のクラブフロアで

イブニングカクテルに入れるクラブフロアプランです。

 

 

宿泊した部屋は13階の角部屋で

入ってすぐに上の写真のようなリビングルームがあって

 

この隣にドアで仕切られたベッドルームがあり

 

 

さらに別の部屋で下の写真のような

とても綺麗なトイレ・バスルームがあるお部屋でした。

 

 

トレーダーズホテルの寝室からも

下の写真のようにマレーシア観光名物である

 

ペトロナスツインタワーがしっかりと正面から見えます。

 

 

高級ホテルあるある?ですが

トイレ・シャワールームはご覧の通り丸見えです(笑)

 

 

エアコンの効きはとても素晴らしく

温度設定・風量設定共に全く問題なく操作が可能。

 

 

もちろんWi-Fiも快適に利用が可能で

回線スピードも全くのノーストレスでした。

 

 

マレーシアを代表する高級ホテル

トレーダーズホテルのフロア案内は下記写真のような感じです。

 

 

1Fがメインの出入り口で

5FにフロントとGoboというレストランがあるので

 

マレーシアのクアラルンプールに到着して

トレーダーズホテルの入り口に入ったら、まずはエレベータで5Fに上がってください。

 

マレーシアの高級ホテル・トレーダーズホテルのチェックイン・チェックアウトの時間

5Fに到着すると下の写真のような受付・フロントがありますので

チェックインをしましょう。

 

 

マレーシアを代表する高級ホテル

トレーダーズホテルのチェックインは14時から可能です。

 

 

ちなみに、チェックアウトは

お昼の12時になります。

 

 

 

ちなみに、今回のトレーダーズホテル滞在で

一番驚いたのが、お部屋のクリーニングでした。

 

 

それは、トレーダーズホテルに宿泊して

2日目の朝のこと。

 

 

朝食ビュッフェを食べに行こうと

部屋を出て「あれ?朝食ビュッフェはどこだ?」

 

と思って、ちょうど違う部屋を清掃していたホテルのスタッフさんに

 

 

「朝食ビュッフェってどこで食べられますか?」

 

って聞いたら

「5階ですよ」って言われたので

 

 

そのまま5階に行って

朝食を食べて部屋に戻ってきたら

 

 

 

すでに部屋のクリーニング&

ベッドメイキングが完了しているではありませんか!

 

luxaryhotels

 

あとで後述しますが、実はトレーダーズホテル滞在

初日の夜にバスルームの使い方を完全に間違えて

 

洗面所をこれでもかと

水浸しにしてしまっていたのにそれも綺麗に元通り

 

 

部屋の清掃はチェックアウトの時間をすぎた

お昼過ぎぐらいだろと、たかをくくって

 

ベッドのシーツをグチャグチャにしたままだった

キングサイズのベッドが綺麗に元通り

 

 

 

前日の夜にお腹が空いて購入した

壮絶に不味い韓国産カップラーメンにブチ切れて

 

片付けもせずに寝てしまったことに起因する

リビングルームの汚いテーブル周りも綺麗に元通り

 

ドルコスト平均法がオススメです

 

朝食を食べていた

わずか約30分ぐらいの間に

 

ルームクリーニングが完全に終わっていました。

 

 

部屋に戻った瞬間に感じた違和感と

衝撃のスピードで清掃していただいた記憶を今でも鮮明に覚えています。

 

ペトロナスツインタワーの夜景を正面から見ることが可能【日没時刻は要チェック】

今回私がマレーシア・クアラルンプールにある

たくさんの高級ホテルの中で

 

トレーダーズホテルを選んだ理由の1つが

 

 

マレーシア・クアラルンプールの観光名所である

ペトロナスツインタワーを正面から見ることが可能ということです。

 

 

マレーシア・クアラルンプールの

ペトロナスツインタワーを

 

ホテルの部屋から見ることができる

高級ホテルは他にもありましたが

 

 

ほとんどが横からだったりして

真正面から見ることができるホテルは非常に少ないです。

 

スカイバーからの景色が最高に綺麗【窓側の席は予約しなくても大丈夫だけど】

そして、さらなるトレーダーズホテルの魅力は

35Fにあるスカイバーです。

 

 

ご覧の通り、室内プールがあって

DJブースがあって、ノリノリの音楽がかかっているので

 

 

もしスカイバーに行くのであれば

何としても窓側の席をゲットしましょう。

 

 

 

 

スカイバーについて色々と調べると

窓側の席は予約が必須だとか書いてあるブログがありますが

 

私が実際行った時は、普通にふらっと行って

パッと見て窓側の席が何個か空いていたので

 

 

「あそこ座って良いですか?」

 

 

ってスカイバーのスタッフに聞いたら

「空いてるところなら良いよ!」

 

 

って感じだったので

ぶっちゃけ予約しなくても窓側の席は余裕で座れます。

 

 

ただ、私が行った時は

日没よりも前の時間で、さらに平日だったので

 

窓側の席を楽勝でゲットできたのかもしれません。

 

 

 

早めの時間から行けば予約することなく

スムーズに素敵な窓側の席を確保できるので

 

予約し損ねてしまった人は

まだ明るいかな?(日没前)ぐらいに、行ってみてください。

 

 

スカイバーからのツインタワーの眺めは

本当に綺麗ですし、窓側の席を一度確保してしまえば

 

特に時間制限もないですし

飲み物さえ注文していれば大丈夫です。

 

 

オススメは日没よりも前の

比較的、空いている時間に窓側の席をゲットして

 

夕日を見つつ、そのまま夜景を堪能する感じがベストです。

 

 

ちなみにマレーシア・クアラルンプールの

日没の時間はだいぶ遅いです。

 

私が行ったのは1月末でしたが

19時30分でもまだ少し明るい感じです。

 

 

その代わり?朝明るくなるのも遅いです。

 

朝7時とか普通に真っ暗で

朝8時ぐらいから明るくなる感じですので

 

慣れないうちは変な感じがするかもしれません。

 

トレーダーズホテルの朝食は何度食べても飽きない美味しさ【ラム肉とチキンライスは必須】

次にトレーダーズホテルの朝食についてご紹介します。

 

トレーダーズホテルの朝食付きプランであれば

5FにあるKOBOというレストランで朝食ビュッフェが食べられます。

 

 

もしこのブログ記事を読んでいる方が

トレーダーズホテルに宿泊される際には

 

必ず朝食付きプランを選択してください。

 

 

 

この朝食ビュッフェは本当に美味しいですし

1回や2回では全部堪能することができないぐらいの種類があります。

 

 

さすが高級ホテルを名乗っているだけありますし

何度も食べたくなる料理がゴロゴロあります。

 

 

私の一番のおすすめはラム肉です。

 

 

味付けが少し濃いかもしれませんが

ラム肉ってこんなに美味しいの!?

 

 

というぐらい柔らかくて

何度もリピートしてしまう味です。

 

 

あとはシンガポール料理かもしれませんが

 

マレーシアのチキンライスは

飽きがきませんし、本当に美味しいです。

 

 

シンガポールで食べた

チキンライスと寸分違わないクオリティーなので

 

マレーシアに行ったら

チキンライスを是非食べてみてください。

 

トレーダーズホテルのバスルームで多くの日本人が間違える使い方【シャワー?の水圧がヤバイ】

これは滞在初日の夜にやらかしてしまった

完全なる失敗談なんですが、

 

私が実際に宿泊したトレーダーズホテルのバスルームはこんな感じだったんです。

 

 

普通の日本人?一般人?の感覚ですと

 

ビジネスホテルとかだと

ユニットバスのことが多く

 

 

バスタブ(浴槽)に設置されている

シャワー?のようなものは、シャワーとして使ってしまいませんか?

 

 

私は2日目になるまで気がつきませんでしたが

このシャワー?っぽい器具が妙に低い位置にあったんです。

 

初日の夜にこのシャワー?っぽい器具を

シャワーとして普通に使ってみたんですが

 

 

水圧がスゴい強いんです。

 

 

いやー、日本人が海外ホテルの口コミで

「水圧がー、水圧がー」って騒ぐもんだから

 

 

これでもかと水圧を強くしたの??

って思ったんですが

 

 

それにしても、人間が浴びるには

明らかに異常なほど水圧が強かったんです。

 

ええ、もうそれはセルフ洗車場にある

ジェット噴射のノズルのような感じです。

 

 

 

 

それだけ強い水圧のシャワー?を使うと

どうなるかっていうと、当然ながら

 

うまく扱えずにあっちゃこっちゃに

噴射しちゃって、浴室・洗面所はビショビショになります。

 

 

 

しかも、ノズルをおさめる場所が

浴槽のすぐ近くで、高い位置に固定できないんです。

 

 

なんじゃこりゃ???

 

 

 

・・・という感じで

完全に間違った使い方をしてしまいました。

 

 

 

2日目は本来の使い方に気がつくことができたんですが

 

これは日本でいうジェットバス(泡風呂)を作るための

泡だて用のシャワーだったんですね。はい。

 

 

普通のシャワーは

こちらの専用シャワールームがあるので

 

そっちでまずはシャワーを普通に浴びて

その後に泡風呂でリラックスしてね。ということでした。

 

 

 

いやー、どうりで変だと思ったんだよねー

水圧強すぎるし、置き場所が低すぎるし、あっはっは

 

高級ホテルあるあるですよね??

 

トレーダーズホテルのクラブフロアはワインが美味しい【飲み過ぎ・食べ過ぎに注意】

トレーダーズホテルに限った話ではありませんが

高級ホテルのクラブフロア・ラウンジがあるところは

 

「イブニングカクテル」というサービスがあります。

 

 

これは夕食の前に少し軽食とお酒を飲んで

会話を楽しむために提供されているサービスです。

 

 

トレーダーズホテルの場合は

34Fにクラブフロアがあり、クラブフロアが利用可能な宿泊プランであれば

 

17時〜19時の時間帯に高層階から

優雅にペトロナスツインタワーを眺めながら

 

軽食とお酒を楽しむことが可能です。

 

 

私はこのクラブフロアが利用可能な

宿泊プランにしていたので、もちろん行ってみましたが

 

軽食は普通に美味しいですし

特にワインが赤・白どちらも美味しかったです。

 

 

正直なところ、下手なレストランに入るより

クラブフロアの軽食・ワインの方が美味しいですが

 

このイブニングカクテルの時間帯に

あまり飲み過ぎ・食べ過ぎてしまうと

 

 

 

せっかくのディナーを食べるだけの

余力がなくなってしまいますので、注意してください。

 

 

イブニングカクテルと言うのは

あくまでも夕食の前に少しお酒を飲みながら

 

軽く談笑するためのものですので

 

 

ガツガツ食べたり、ガブガブお酒を飲むような真似は

決してしないでください(笑)

 

マレーシア・クアラルンプールの高級ホテル・トレーダーズホテルのジム・スパ

トレーダーズホテルのジムは26Fにあって

ホテルの宿泊者であれば、誰でも利用が可能です。

 

 

中はとても綺麗ですが

写真では伝わりきれないと思いますが

 

トレーダーズホテルのジムはそんなに広くありません。

 

 

そもそもホテルのジム施設が

想像以上に広いということは滅多にありませんので

 

トレッドミルで汗を流したい人や

軽いウェイトトレーニングをする分には申し分ないので

 

興味のある方は行ってみてください。

 

 

続いて、トレーダーズホテルの34Fにあるスパですが

こちらは早めに予約を入れておいたほうが良いです。

 

 

そもそもマッサージをしてくれるスタッフが少ないのか

 

夕方あたりにスパに行くと

もう今日は予約が入っていることが多く

 

明日以降の予約にされてしまうので

どうしてもスパに行きたい方は早めに予約をしましょう。

 

トレーダーズホテルへのアクセス・行き方を完全解説【ツインタワーからの送迎】

マレーシアの高級ホテルである

トレーダーズホテルは、クアラルンプールの「KLCC」駅から歩いて行けます。

 

 

トレーダーズホテルの地図は上記に掲載しましたが

マレーシアのクアラルンプール空港に着いたら

 

多くの人が、タクシーもしくは

電車で移動することになると思います。

 

 

タクシーでしたら

KLCCのトレーダーズホテルって伝えれば問題ありませんが

 

クアラルンプール空港から電車で

移動する場合には

 

KLCC駅からの行き方が不安な方もいるかもしれません。

 

 

ちなみにKLCC駅から

トレーダーズホテルへの行き方はとても簡単です。

 

 

とりあえず、駅の自動改札を出たら

左に進んでください。

 

 

そのまま地下道を進んで行くと

スリアKLCCというショッピングモールに入りますので

 

そのまま真っ直ぐ進んでください。

 

 

しばらく真っ直ぐに進むと

左側にISETAN(伊勢丹)が見えるので

 

伊勢丹(ISETAN)が見えたら次の交差点?を左に曲がってください。

 

 

そうするとG2の地上出口への

エスカレーターが見えるので

 

ペトロナスツインタワーを真下から見上げたい方は

ここで1回、地上に出てみてください。

  

 

G2の出口から外に出ると

上記のような写真の公園に出ます。

 

 

このすぐ背面がペトロナスツインタワーで

ショッピングセンターのスリアKLCCです。

 

 

ちなみにこの公園から真っ直ぐ見える

下の写真(赤丸部分)がトレーダーズホテルです。

 

こう見ると、まだこの場所から

少し遠い感じがしてしまいますが

 

このスリアKLCCショッピングセンターから

 

ホテルの送迎がありますので

外からホテルに向かう方は送迎を使いましょう。

 

 

先ほどの公園が見えるところから

少し右に進むと下のような写真の場所があります。

 

 

こちらが、先ほどのスリアKLCCから

トレーダーズホテルまで送迎してくれる場所です。

 

 

この看板の前に立っていれば

10分以内には下のような感じで送迎が来るので利用しましょう。

(暑い炎天下をスーツケースでゴロゴロ歩くのは大変です><)

 

 

ちなみに、KLCC駅から

スリアKCLLショッピングセンターを通って

 

そのまま地下道を歩き続けて、トレーダーズホテルにも

行くことが可能ですが、初見で地下道オンリーだと結構難しいので

 

 

初めてのクアラルンプール

初めてのトレーダーズホテルであれば

 

スリアKLCCショッピングセンターから

一度地上に出て、ホテルの場所を確認した方が良いです。

(地下道をずっと通っていると方向感覚が無くなります)

 

トレーダーズホテルはツインタワー側の部屋を必ず予約【シティー派のあなたに】

トレーダーズホテルに宿泊する際には

必ず、ペトロナスツインタワー側を予約しましょう。

 

 

部屋から真正面にツインタワーを

こんな感じで昼も夜も眺めることができます。

 

 

ツインタワーを眺めながら

優雅にPCで仕事をしたり

 

 

気分転換にスカイバーに行って

プールに入っても良いですし

 

 

ツインタワーを眺めながら

飲み物を飲みながら休憩するもの良いです。

 

 

夕方はツインタワーを視界におさめながら

サンセットを堪能して

 

 

夜はお酒で乾杯しながら

ライトアップしたツインタワーを楽しみましょう。

 

 

ちなみに、ツインタワー目の前の

KLCC公園では下のような綺麗な噴水ショーが定期的にやっています。

 

 

シティーが大好きなシティー派の方には

マレーシア・クアラルンプールは満足すること間違いなしです。

 

マレーシアの高級ホテルは安い【海外旅行は日本で体験できないことを積極的にする】

いかがだったでしょうか?

 

今回はマレーシア・クアラルンプールの

ペトロナスツインタワーが真正面に見ることができる高級ホテル

 

 

トレーダーズホテルとホテル35Fにある

おしゃれで素敵なスカイバーをご紹介しました。

 

 

ここまで高級なホテルだと

日本やアメリカ、ヨーロッパの相場だと

 

1泊5万円とか普通にかかってしまうレベルだったりしますが

 

 

今回ご紹介したトレーダーズホテルであれば

安く宿泊することが可能です。

 

 

そもそもマレーシアの物価が

シンガポールのように、そこまで上がってきていないので

 

高級ホテルであっても

比較的安く、リーズナブルに宿泊することが可能です。

 

 

せっかくマレーシアのクアラルンプール

海外に滞在するんですから、

 

今回ご紹介したようなホテルに宿泊してみてください。

 

 

ちなみに私が海外ホテルを予約するときは

現地払いが可能なBooking.comを利用しています。

↓ ↓ ↓

【Booking.com】世界最大の宿泊サイト(安心の現地払い)

 

 

今回のトレーダーズホテルの宿泊プランも

Booking.comで安く宿泊できますので、チェックしてみてください。

-旅行

Copyright© プロブロガーになって本を出版することになるブログ by naoki1741 , 2018 All Rights Reserved.