mac-windows10-install

https://richstyle.jp

スポンサーリンク




Mac

MacにWindows10をインストール【無料仮想化ソフトVirtualboxの使い方】

更新日:

iMacやMacBookを使っている方で

 

Mac上でWindowsが使えたら便利だなー

と思ったことがある人は多いと思います。

 

 

なぜなら一昔前と比較すると

Macを使っている人が増えたとはいえ

 

いまだに企業や他の人が使っているPCはWindowsが大多数で

 

 

業務やプライベートで使うソフトウェアも

Windowsベースが多く、ファイルのやりとりやデータの受け渡しという点において

 

Windowsであった方が都合が良いことが多いです。

 

 

つまり、せっかくMacを購入して使い始めても

周りの人や企業がWindowsを使っているため

 

プライベートでの使用は問題なくても

Windowsが必要になってしまう場面がどうしても出てきてしまい

 

 

そのためだけにわざわざもう1つ

Windowsパソコンを購入するのは非常にもったいないので

 

Macの上でWindowsも使えたら便利だなって感じるはずです。

 

 

というわけで、今回はこの記事でMacでWindowsを起動させる使い方

 

特にWindows10を無料で使える

仮想化ソフトVirtualBoxの使い方・設定方法について解説します。

MacでWindows10を起動する方法とは?

お手持ちのMacにWindows10を

インストールして起動する方法は、

 

大きく分類すると以下の3つの方法があります。

 

  1. Boot Campを使用してMacパソコンをWindows10として使用する使い方
  2. 有料の仮想化ソフトウェアを使ってMacとWindows10を両方起動する方法
  3. 無料の仮想化ソフトVirtualBoxを使ってMacとWindows10を両方起動する方法

 

 

1つ目のBoot Campを使う方法は

お持ちのMacをWindowsパソコンとして利用する使い方です。

 

 

どういうことかというと

 

Boot Campを使用すると

パソコンの電源を起動した際にMacとWindowsのどちらを使うか?

 

を選択できるようになるので

 

 

Boot Campを使った方法だと

Mac と Windows の両方を同時に並行稼働はできないということになります。

 

 

MacとWindowsを1つのパソコンで

同時に並行稼働できないというのは

 

例えばWindowsで開いたファイルのデータをコピーして

そのままMacのファイルにペーストできなかったり

 

 

Windowsの画面とMacの画面を

同時に見比べるというようなことができないということです。

 

 

これは外側の筐体はMacパソコンですが

中身がWindows、もしくはMacのままという状態ですので

 

 

Windowsで確認したことを

Macに入力しようとすると、電源を一度落としてからMacを起動させることになります。

 

 

 

電源を落としてしまうので

閲覧していたファイルをWindowsからMacへダイレクトに移動させたり

 

Windowsで閲覧していた文章などを

Macへコピー&ペーストすることはできません。

 

 

これだけ聞くと

1つのMacパソコンにMacとWindowsの両方がインストールされているんだから

 

同時に起動して、ファイルをドラッグ&ドロップで

MacとWindowsの双方向でやりとりできた方が便利ですし

 

 

MacとWindowsの画面を並べて表示させて

両方見比べるようなことができた方が便利に感じるかもしれません。

 

 

 

ところが、1つのパソコン上で

MacとWindowsの両方を同時に稼働させるというのは

 

 

1つのパソコンのメモリ・CPU・ディスクを

2つのOSで共有することになるので、実際にはパフォーマンスの面でデメリットがあります。

 

 

 

したがって、PCの性能・スペックがあまりない場合は

 

MacとWindowsの両方を

同時に起動させるのが難しくなり

 

 

仮に起動できたとしても

表示がとても遅かったり

 

クリックしてもなかなか反応しないような状態になりますので

 

 

Macパソコンのスペックが乏しい場合には

 

1番目のBoot Campで

Windows10を稼働させる方法を選択してください。

 

 

逆にパソコンの性能・スペックに余裕がある場合には

 

2つ目・3つ目の

仮想化ソフトウェアを使用することで

 

 

1つのパソコンの中に

MacとWindowsの両方を同時に別画面で起動させることが可能となりますので、チャレンジしてみましょう。

1: MacのBoot Campを使ってWindows10を起動する

先ほどお伝えした

MacパソコンでWindowsを起動させる使い方の

 

1つ目としてApple社が提供するBoot Campというソフトを使用する方法がありますが

 

これはApple社がMacにWindowsをインストールしたい方向けに

正式に提供している方法です。

 

 

 

そして何よりも、Windows・パソコン本体の

パフォーマンスを最大限に活用させるという観点においては

 

このBoot Campを使うのがベストです。

(Windowsを稼働させるためだけにパソコンを使用するので)

bootcamp

しかし、先ほどもお伝えしましたが

Boot Campを使うとMacとWindows10を同時に起動はできませんので

 

MacならMac、Windowsであれば

Windowsとしてしか、そのパソコンは使うことができなくなります。

 

 

 

パソコンの性能・スペックが

十分にない場合は、こちらのBoot Campを使いましょう。

 

 

使い方・設定方法は

「Mac BootCamp」とGoogleに検索することで

 

Apple社の公式ホームページが出てきますので、そちらを参照してください。

 

 

 

また、Boot Campを使う際に

注意するべき点として覚えておいて欲しいのが

 

BootCampを設定する際に確保するWindowsの領域について

 

 

ハードディスクを綺麗に初期化した状態から

一度も書き込みがされていない「連続したまとまった空白の綺麗なディスクスペース」が必要だという点です。

 

 

これはどういうことかというと

 

Macのパソコンに

Windowsを後からインストールする時に

 

 

BootCampでWindowsが使うディスクの領域を

最初に確保する必要があります。

 

 

 

その際に、その確保しようとした領域が

初期化された状態から一度も書き込まれていない

 

綺麗な状態でないと、BootCampで設定することができません。

 

 

つまり、一度でも

Macでハードディスクをいっぱいまで使ってしまったら

 

ファイルを整理してゴミ箱に入れて綺麗にしても

Boot CampはWindows用のディスク領域として確保できないとエラーを返してきます。

 

 

 

ですので、一度でも

パソコンのディスクをいっぱいまで使ってしまって

 

Windowsを入れられない状況になってしまった場合には

 

 

一度Macのデータを全て

外付けハードディスクなどにバックアップで退避しておいて

 

Macのディスクを全部初期化して

バックアップから復元するという作業をする必要があります。

 

 

ですので、Boot Campを使おうとして

Windows用のディスクスペースを確保する段階でエラーになる方は

 

一度、他のPC・外付けHDにバックアップを取得してから

「ディスクユーティリティ」というアプリケーションでディスクを初期化してみてください。

2: 有料の仮想化ソフトウェアを使用する方法

MacにWindowsをインストールする

2つ目の方法は「有料の仮想化ソフトウェア」を使用する方法です。

 

 

この方法はお金がかかってしまいますが

MacとWindowsの両方を同時に1つのパソコン内で起動させることが可能となります。

 

Mac上でWindowsを起動させる

有料での仮想化ソフトウェアは以下の2つが有名どころで安定しています。

  • Parallels Desktop(1ライセンス1PC: 年間 8,500円)
  • VMware Fusion(インストール台数無制限: 年間 9,925円)

 

上記2つはどちらも

Mac上でWindowsを起動させる有名な有料仮想化ソフトウェアですが

 

ご覧いただいた通り

どちらも年間1万円程度の費用がかかります。

 

 

 

もちろん、有料ですので操作性や安定性は問題ありません。

 

 

しかし、1つ目の方法の時にもお伝えしましたが

 

そもそも1つのPCの中で

MacとWindowsの両方を同時に稼働させるため

 

性能が非力なパソコンではまともに動かない可能性があります。

 

 

MacとWindowsを同時に起動させることで

Windowsで開いたエクセルファイルのデータをMacで管理しているファイルにコピー&ペーストしたり

 

Macで作成・編集した画像ファイルを

Windowsへドラッグ&ドロップで移行することが可能となりますので

 

 

この記事を読んでいる方であれば可能な限り

MacとWindowsを同時に稼働させたい人が多いはずです。

 

 

ここで今お伝えしたような

いきなり有料仮想化ソフトウェアを購入するのも良いですが

 

無料で配布されている仮想化ソフトウェアがあるので

 

まずはそちらで試してみて

そちらで動かなったり操作性が悪かったら

 

BootCampや有料の仮想化ソフトウェアを購入してみてはいかがでしょうか?

3: 無料の仮想化ソフトウェアVirtualBoxを使う方法

というわけで、ここからはMacの上でWindowsを同時に起動させることができる

 

無料で提供されている仮想化ソフトウェア

「VirtualBox」の使い方を解説していきます。

 

 

このVirtualBoxは米国のソフトウェア会社Oracleが無料で提供している仮想化ソフトウェアで

 

Oracleという企業は

データベースソフトウェア業界では超有名な企業です。

 

それでは早速、このVirtualBoxのインストール・設定方法をお伝えします。

無料仮想化ソフトVirtualBoxのインストール方法

まず最初に

無料で提供されている仮想化ソフトVirtualBoxを、下記のサイトからダウンロードしましょう。

↓ ↓ ↓

VirtualBoxのダウンロードはこちら(Oracleのダウンロードページ)

 

 

上記画像赤丸部分の「こちら(USサイト)」をクリックして

 

ご自身が使用されている

プラットフォームOS用のVirtualBoxをダウンロードします。

 

 

私はMacの64bitなので

Mac OS 64-bitのdmgファイルを選択します。

 

そして、ダウンロードしたファイルを実行すると

下のような画面が表示されるので、赤丸部分をクリックしてください。

 

virtualbox2

virtualbox-install1

virtualbox-install2

virtualbox-install3

virtualbox-install14

virtualbox-install5

MacにインストールするWindows10の入手方法

Macの上でWindows10を起動する

VirtualBoxの準備が完了したら、インストールするWindows10を用意しましょう。

 

 

Macの上で稼働させるVirtualBox自体は

無料で手に入れることが可能ですが、Windows10本体

 

正確に言うとWindows10を使用するための

ライセンス・プロダクトキーは購入する必要があります。

 

 

この後お伝えしますが

Windows10本体のメディア・データはMicrosoftのサイトからダウンロードすることになりますので

 

 

Windows10を使用するために必要な

ライセンス・プロダクトキーを購入しないと使用し続けることはできなくなります。

 

 

ちなみに、一番安く

Windows10のライセンス・プロダクトキーを購入できるところを調べたところ

 

Amazonが最安値で購入できるのでこちらから購入すると良いでしょう。

↓ ↓ ↓

Microsoft Windows10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版(最新)

 

上記から購入すると

ライセンス・プロダクトキーが記載されている紙が同梱されているので

 

そのプロダクトキーを使ってインストールすることになります。

 

 

ちなみに、箱とWindows10の本体データが入っているUSBメモリは不要なので

インストールが無事に完了したら廃棄してしまって良いです。

 

 

なぜなら、私自身Amazonで購入した

USBメモリを使ってWindows10をインストールしようとしたところ

 

VirtualBoxがWindows10メディアを検出してくれずに

うまく起動できませんでしたし

 

 

Windows10のメディアデータ自体は

こちらのMicrosoftのダウンロードサイトから最新版が無料で入手が可能だからです。

↓ ↓ ↓

Microsoft Windows10のディスクイメージisoダウンロードサイト

windows10download

 

選択肢がたくさんありますが

 

日本語OSでフルセットなのは

Windows10 Creators Updateの「Windows10」ですので、それを選択します。

 

windows10download1

 

言語は日本語を選択しましょう。

 

そうすると、Windows10の32bit版か

64bit版かを聞かれるので

 

使いたいビット数のWindows10を選択してください。

 

 

特に希望がなければ64bit版で良いです。

これでWindows10本体データのダウンロードが始まります。

 

 

 

Windows10本体は先ほどの

Microsoftのダウンロードサイトから何度でもダウンロードすることができますが

 

 

インストール時に必要なライセンス・プロダクトキーは購入する必要がありますので

 

お持ちでない方は

インストールする前に購入しておいてください。

Microsoft Windows10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版(最新)

VirtualBoxでWindows10用の仮想マシンを作成する方法

さて、これで準備が整いましたので

実際にWindows10をインストールするための仮想マシンを

 

VirtualBox上に作成していきます。

 

 

VirtualBoxが無事にインストールされると

アプリケーションフォルダの中に「Virtual Box」というアプリケーションがインストールされるので

 

 

それをクリックして起動すると

下のような画面が表示されますので、左上の「新規」をクリックします。

 

virtualbox8

 

ここで新しい仮想マシンを設定するために

 

自分でわかりやすい名前をつけて

実際にインストールするWindowsのバージョンを選択してください。

 

ここではWindows10の64bit版をインストールします。

 

virtualbox9

そして、次のメモリーサイズ設定についてですが

ここがWindows10をインストールした後の動作の快適さに直結するので注意して設定しましょう。

 

 

Windows10の32bit版であれば

OSの制限で4GBまでしか認識されないので

 

32bitをインストールする場合には

4GB以上を割り当てるのは意味がありません。

 

 

ちなみに、Windows10は起動している状態で

1GB以上メモリを消費してしまいますので、最低でも2GBは欲しいところです。

 

 

64bit版の場合には

日常で使用する程度のメモリサイズ制限はありませんので

 

多めに設定しておくと

Windows10の動作がスムーズになります。

virtualbox10

 

上記画像にも書きましたが

 

Windows10で使用できるメモリサイズを設定する際になるべく多くしようとして

 

緑色とオレンジ色の境目ギリギリまで

メモリサイズを割り当ててしまうと

 

Mac側のメモリが少なくなってしまい

VirtualBox自体の動作が非常に重くなるケースがあります。

 

 

そのため、あまりギリギリまで割り当てずに

緑色のバーの部分に少し余裕がある感じで設定しておきましょう。

 

 

次に仮想ハードディスクの割り当てについてですが

 

ここは下記画像のように

「仮想ハードディスクを作成する」を選択して作成を押してください。

 

virtualbox11

 

そして、次にハードディスクのファイルタイプを選択します。

 

これは他の仮想ソフトウェアで

VirtualBox上のファイルを使用する予定がなければ

 

そのまま「VDI」を選択して次に進んでください。

virtualbox12

 

その次に、ハードディスクのサイズを

可変にするか・固定にするかを選択します。

 

 

ここを固定にしてしまうと

この次に設定するディスクサイズを丸々一気に使用することになり

 

パフォーマンスの面では良いですが

容量の有効活用という面において若干デメリットになります。

 

 

もしWindows10について必ず確保したディスク容量を使う想定がないのであれば

ここはとりあえず「可変サイズ」を選択しておくと良いです。

 

virtualbox13

 

そして、次の画面で実際にWindows10に使っても良いディスクのサイズを設定します。

 

MacのPCに搭載されている

ディスクサイズを超える値は設定できませんので

 

Windows10で必要となりそうなサイズを設定しましょう。

 

virtualbox14

 

問題なければ、下記画像のように

新しいゲストOS(Windows10)用の仮想マシンが無事に作成されています。

 

virtualbox15

VirtualBoxの仮想マシンへのWindows10インストール方法

それでは新しく作成した仮想マシンに

Windows10をインストールしていきましょう。

 

下の図のようにVirtualBoxに新しく作成した仮想マシンを選択したら

画面上部にある「起動」をクリックしてください。

 

virtualbox16

そうすると仮想マシンの電源が入りますので、どのファイル(イメージファイル)からWindowsを起動するか選択する画面になります。下の画面のように先ほどMicrosoftからダウンロードしたWindows10のisoファイルを洗濯して「Start」をクリックしましょう。

virtualbox17

 

ダウンロードしたWindows10のisoファイルに問題がなければ

下の画面のようにWindows10のインストーラーが起動してきます。

 

virtualbox18

 

次に購入したWindows10のプロダクトキーを入力してください。

 

virtualbox19

 

続いて、インストールする

Windows10のエディションを選ぶ画面になりますが

 

HomeよりもProの方が設定できる項目などが多いので、どうしてもHomeが良い!

 

という方以外は

何も考えずにProを選んでしまって大丈夫です。

 

virtualbox20

 

そして、Microsoftソフトウェアライセンス条項に「同意します」にチェックを入れて「次へ」

 

virtualbox21

 

ここでインストールの種類を選ぶことができますが

Windows10をインストールディスク(ダウンロードしたisoファイル)を使うので

 

下の赤丸のように「カスタム」を選んで次に進んでください。

 

virtualbox22

 

最後にWindows10をインストールする場所を聞かれますので

 

VirtualBoxで確保したディスク領域を選択して「次へ」をクリックしましょう。

 

virtualbox23

 

これであとはWindows10のインストーラーがインストールを開始してくれます。

 

無事にWindows10のインストールが完了するまで待機しましょう。

VirtualBoxのWindows10を効率良く稼働させるシステム設定

問題なければ

これで無料の仮想化ソフトウェアVirtualBoxを使ってWindows10をインストールできたと思います。

 

 

Windows10のセットアップ自体は

表示される質問に答えていけば良いので、特に難しいことはないはずです。

 

 

しかし、この初期状態だと

Mac上のWindows10を最適な状態で起動できている訳ではなく

 

パフォーマンスが悪かったり

こちらの操作に対して反応が遅くなったりすることがありますので

 

VirtualBox・Windows10で

それぞれ変更しておくべき初期設定について解説します。

Guest Additionsのインストール

まず初めにインストールするべきなのはGuest Additionsです。

 

このGuest Additionsは

MacとWindows間のマウスの動きをシームレスに実現して

高解像度のデスクトップにも対応できるようになりますので、必ず設定しておいてください。

 

 

Guest Additonsのインストールは

まず最初に下の画像のようにMac上で稼働しているVirtualBoxのツールバーから「Devices」を選択して

 

プルダウンから「Insert Guest Additions CD image」を選択してください。

 

windows10-2

 

そうすると

Windows10上に存在する仮想CDドライブに

 

Guest Additionsのインストールメディアが挿入されますので

下の画面の番号順に操作していきます。

 

 

まず最初に画面中央下部にある「エクスプローラー」をクリックすると

 

下のようなウィンドウが表示されるので

次に左サイドバー下の方にあるCDドライブを選択します。

 

そして、右側に表示されたファイル一覧から「VBox WindowsAdditons」をダブルクリックしましょう。

 

windows10-3

 

そうすると下記のようなダイアログボックスが表示されますので

「はい」をクリックしてください。

 

guestadditions1

 

Guest Additionsをインストールするための

セットアップウィザードが起動しますので

 

何も考えずにNextをクリックします。

 

guestadditions2

 

次の画面でGuest Additionsをインストールする場所を聞かれますが

 

デフォルトの場所で良いので

何も変更せずにそのままインストールしましょう。

 

guestadditions3

 

次にインストールするコンポーネント(内容)を選ぶことができますが

 

何も変更せずに

そのままインストールボタンを押してください。

 

guestadditions4

 

Guest Additionsのインストール最中に

下のような画面が表示されても問題ございませんので「インストール」をクリックしてください。

 

guestadditions5

 

これでGuest Additionsのインストールが完了しました。

 

設定を有効にするために

「Finish」ボタンを押してWindows10を再起動しましょう。

 

guestadditions6

Windows10の動作をスムーズにするためのVirtualBox設定

次にWindows10の動作をさらにスムーズにするために、VirtualBoxの設定も変更しておくべきです。

 

VirtualBoxの初期設定は

パソコンの性能をフルに引き出せる状態になっていないため

 

PCの設定を最大限まで使えるように設定変更することで

快適なWindows10の利用が可能となります。

 

 

VirtualBoxの設定を変更するためには

Windows10を一度停止する必要があるので、こちらからWindows10を停止してください。

 

windows10-power

 

Windows10を停止することができたら

仮想マシン上のWindowsがパソコンの性能を最大限に活用できるようにVirtualBoxの設定を最適化します。

 

まず、VirtualBoxの

設定変更したいゲストOSを選択した状態で

 

下の画像の赤丸部分の「設定」アイコンをクリックしてください。

 

virtualbox30

 

そうすると下のようなウィンドウが表示されるので

真ん中上部にある「高度」というタブをクリックしてください。

 

virtualbox31

 

そうすると、MacとWindows間で

コピー&ペーストできるようにする設定と

 

ファイルをドラッグ&ドロップすることができるようにする部分があるので

 

下の赤四角のように両方とも「双方向」に変更してください。

 

virtualbox32

 

設定変更したら、次に左上にある「システム」アイコンをクリックしてください。

 

そうすると下の画像のような画面が表示されますので

赤四角部分「拡張機能:I/O APICを有効化」にチェックが入っていることを確認してください。

 

チェックが入っていなかった場合は、チェックを入れましょう。

 

virtualbox33

 

そして次に、真ん中上部にある「プロセッサー」タブをクリックしてください。

 

下の画像のようにWindowsが使用できるプロセッサー数を

パソコンが搭載されている最大数に設定変更するため

 

緑色ゲージの最大値までポインターを動かして設定します。

 

virtualbox34

 

設定ができたら、最後に左上にある「ディスプレイ」アイコンをクリックしましょう。

 

ここではパソコンの描画性能を設定することができるので

 

先ほどと同じように

パソコンの性能を最大限に引き出せるような設定に変更します。

 

下のような画面が表示されたら、

まずは一番下にあるアクセラレーションの部分で

 

「3Dアクセラレーション」と「2Dビデオアクセラレーション」を有効化するために2つともチェックを入れてください。

 

virtualbox35

 

そして、上のビデオメモリーゲージを緑色の限界値まで設定して

最後に必ず右下の「OK」ボタンを押してください。

 

 

これでVirtualBoxの設定は完了ですので

設定変更して問題ないかどうか、Windows10を下記画像のように「起動」して確認してみてください。

 

virtualbox16

 

エラーなどが出力・表示されずに

うまくWindows10が起動して、問題なく使用できればOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

無料の仮想化ソフトウェアVirtualBoxを使うことで

Macを使いながらWindows10も同時に起動させることが可能となります。

 

 

この記事でお伝えした設定をしてみても

Windows10の挙動がおかしい、画面遷移が異常に遅い、思ったように動かないようだと

 

そもそもパソコンの性能が不足している可能性があります。

 

 

その場合は

最初の方にお伝えした有料の仮想化ソフトウェアを導入しても

 

結局うまく使えない

という事態に陥ってしまう可能性が高いので

 

仮想化ソフトウェアの導入を検討している方は、

まず最初にこの記事でお伝えした無料の仮想化ソフトウェア「VirtualBox」で試してみてください。

 

 

また、VirtualBoxでスムーズに動かない場合は

HDの容量に空きが必要なのと

 

MacとWindowsを同時起動することはできませんが

 

 

PCの性能を最初から最大限に使える「BootCamp」でまずは試してみるをお勧めします。

 

 

というわけで最後にまとめると

MacにWindows10を導入したい場合は

 

まず最初にこの記事でお伝えした無料の仮想化ソフトウェア「VirtualBox」で試してみて

 

 

それでうまく動かないようだったら

「BootCamp」を試すのが最もリーズナブルに実現が可能となります。

 

有料の仮想化ソフトウェアだと

年間1万円近くかかってしまいますので・・・

 

 

そして、どの方法を用いても

Windows10のライセンス・プロダクトキーだけは購入する必要があるので

 

一番安く購入することができるAmazonで購入するのがベストです。

Microsoft Windows10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版(最新)

 

-Mac

Copyright© プロブロガーになって本を出版することになるブログ by naoki1741 , 2018 All Rights Reserved.