ウェルスナビの真価

https://richstyle.jp

スポンサーリンク




WealthNavi 資産運用

9割の人が資産運用で失敗する3つの理由【不景気におすすめの投資法とは?】

更新日:

資産運用を始めてみたいけど

いきなり株式投資・FXというのは怖くて

 

最近流行りのビットコインなどの仮想通貨も

興味はあるけど、失敗しそうで怖い!

 

という方はとても多いと思います。

 

 

もちろん、資産運用を始めるからには

失敗したくないので、利益を手に入れたいと考えていると思いますが

 

株価暴落で大損した!とか

FXで急激な円高になってロスカットを食らって失敗したという話を耳にすると

 

 

資産運用・投資に対して

なかなか手が出せないと考えてしまうかもしれません。

 

 

そんな投資初心者の方向けの

失敗する確率を極限まで減らすためのおすすめの投資法と

 

そもそもなぜ、ほとんどの人が投資で失敗してしまうのか?

その3つの理由を解説いたします。

 

資産運用で失敗しないためには「ドルコスト平均法」がベスト

まず、資産運用で失敗しないための

ベストな結論を最初にお伝えしてしまうと

 

感情に振り回されず

定期的に一定額を自動的に積み立てていく

 

「ドルコスト平均法」

 

 

が間違いなく一番良いです。

 

 

これは誰もが認めている投資手法ですし

もっとも手堅い資産運用のやり方です。

 

 

 

今の時代は銀行にお金を預けていても

利息で増えるような時代ではありませんので

 

他の方法、つまり投資や資産運用で

お金を増やそうとして

 

 

「投資」や「資産運用」に興味が出て、

書籍やネットで色々調べていくうちに

 

「ドルコスト平均法」という手法にたどり着きます。

 

 

「ドルコスト平均法」をしっかりと

長期的に実践していれば

 

資産運用で失敗することはまずありえない。

 

 

という過去の相場データを元にした

検証結果もありますし

 

 

 

 

ドルコスト平均法を使った長期の資産運用をすることで

 

あのリーマンショックを経験しても

プラスのリターンになる

 

 

 

というシミュレーション結果は

インターネットで検索してもらうとすぐにわかります。

 

 

資産運用で失敗しないベストな投資手法である

「ドルコスト平均法」がすでに公開されているにも関わらず

 

なぜ多くの人が投資で失敗するのでしょうか?

 

 

これには大きく3つの理由があるので

その理由について、1つずつ解説いたします。

 

資産運用で失敗する原因1:短期相場の上げ下げに一喜一憂してしまう

多くの人が資産運用で失敗する1つ目の理由は

 

短期的な資産評価額の上下に

敏感に反応してしまうからです。

 

 

いざ投資を経験してみるとわかりますが

 

自分が投資した銘柄の評価額が

日々気になってしまいます。

 

 

投資を始めるまでは

日経平均や為替の動きにそこまで興味がなかったはずなのに

 

 

いざ投資を開始して

自分の大切なお金で資産運用を始めると

 

毎日の値動きが気になって気になって仕方がなくなります。

 

 

ちなみに、私自身も一番最初に

資産運用を始めた時は、朝起きたら必ず株価をチェックして

 

お昼休み時間にまたチェックして

 

 

仕事が終わったらまたチェックして・・・というように1日に何度も相場を見ていました。

 

 

 

こうなると、資産が増えている時は良いのですが

少しでも下落があったりすると

 

心理的に穏やかではなくなりますし

仕事に影響もで始めるケースがあります。

 

 

そして、景気が後退し始めると

下落局面が連日続き

 

 

損失が発生した時には

損失が表示されている画面を見るのに耐えられなくなって

 

損切りをしてしまったことが何回もありました。

 

 

 

もし資産運用をすでに始めている方であれば

自分が買うと、その銘柄の値段が下がり

 

自分が売ると、その銘柄が上がり始める

というようなことを体験したことがあるのではないでしょうか?

 

 

資産運用で失敗しないためには

長期的な視点での取り組みがとても大事です。

 

 

株・為替のような経済指標は

日々、変動していますし

 

世界情勢なども刻々と変化しています。

 

 

 

未来を予測することは誰にもできませんし

私たちのような1個人が相場をどうにかできるわけがありません。

 

 

自分の力でコントロールできないもの(相場・世界情勢など)に対して

 

日々、一喜一憂していても

それは時間・労力の無駄になることが多いです。

 

 

 

ですので、資産運用で失敗しないために

 

まず1つ目に短期的な相場の上下に惑わされずに

長期的な時間をかけて結果を出すということを強く意識してください。

 

 

私自身が体験しているので、

そう言われても、実際には難しいこともよくわかりますが

 

 

とにかく時間を味方につけて

焦らずに長期的な取り組み続けることが

 

資産運用を失敗しないキーポイントになる

ということを絶対に忘れないでください。

 

資産運用で失敗する原因2:投資する対象を絞り過ぎてしまう

次に資産運用で失敗する原因の2つ目をお伝えすると

「投資する対象を絞り過ぎてしまうから」です。

 

 

 

株であれば、1つや2つの銘柄に

全資金を投入してしまったり

 

為替であれば、1つの通貨ペアに

全資金を集中させて、レバレッジをかけてしまったりすると

 

 

 

調子の良い時は大きなリターンを得られますが

 

大きなリターンがあるということは

大きな損失・失敗があるということの裏返しでもあります。

 

 

最初のうちは慎重で、コツコツ勝っていても

 

調子に乗った途端に

ドカンと大きく損失を出したことがありませんか?

 

 

 

これは一言で言ってしまうと

「分散投資」をしていないから起きる現象です。

 

 

 

投資の格言に「卵を1つのカゴに盛るな」というのがあります。

 

大切な卵を全部1つのカゴに入れておくと

その1つのカゴを落とした時に全財産を失うということを示しています。

 

 

逆に投資資金が少ないうちは

あえて「卵を1つのカゴに盛る」という方が良い

 

という人もいるかもしれません。

 

 

もちろん、それは考え方次第ですし

リスクをとらなければリターンがない世界というのも紛れもない事実です。

 

 

全資金を1つに集中させるからこそ

大きなリターンがあるわけで

 

せっかくの限られた投資資金を分散させたらリターンも分散してしまう。

 

 

という気持ちもわからなくはないですが

あまりに投資対象を絞り過ぎてしまうと

 

ちょっとの失敗ですぐに資金が大きく目減りして

退場することになりかねません。

 

 

大事なことなので何度もお伝えしますが

大きなリターンが得られるということは

 

その裏側に、大きな損失・失敗が必ず存在しています。

 

 

 

 

投資・資産運用は

1つ目の原因でもお伝えした通り

 

長期的な視野で捉えることが非常に大事ですし

 

 

 

長期的に投資し続けられる環境を作るためにも

投資対象をあまり絞り過ぎずに

 

適度に分散することを心がけてください。

 

 

「分散投資」をすることで

1つの銘柄が失敗しても他の部分でカバーできますし

 

分散しているからこそ、長い期間

投資し続けることを可能にしてくれます。

 

資産運用で失敗する原因3:自分の裁量・感情でトレードしてしまう

そして、資産運用で失敗する3つ目の原因ですが

3つ目は「自分の裁量・感情でトレードしてしまうから」です。

 

 

株でも為替でも仮想通貨でも同じですが

資産運用で失敗しない方法は、安い時に買って

 

高い時に売れば良いだけだというのは

誰もが頭の中でわかっているはずです。

 

 

ところが、実際にそれを自分でやろうとすると

できるだけ安いところで買いたい、という感情と

 

できるだけ高いところで売りたい

という気持ちが出てきます。

 

 

 

そうすると日々動いている値動きがさらに気になり

 

未来を予測することなどできないと

頭ではわかっているつもりでも

 

 

上昇局面だったら

まだまだ値上がりしそうだからもう少し利確を待とう・・・

 

下落局面だったら

底なし沼のように下落するんじゃないかと思って損切り・・・

 

 

というように

自分自身の欲と恐怖の感情が出てきてしまい

 

冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

 

投資の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」

というのがありますが、まさにその通りです。

 

 

あとから振り返ってみれば

あの時が天井だった、あのタイミングが底だった

 

と後悔する人が多いんですが

その時点では今が天井、底だとは誰もわからないものですので

 

頭=天井、尻尾=底がとれなくても

全く気にすることはありません。

 

 

これも色々なところで言われていますが

 

自分の感情を一切入れずに

あらかじめ決めたルールに則ってトレードをするべきです。

 

 

 

下手な欲や、恐怖心に煽られることなく

淡々と資産運用をしないから、多くの人は失敗しています。

 

 

 

つまり、この記事の最初にお伝えした

定期的に一定金額を投資し続ける「ドルコスト平均法」を

 

例えどのような状況になっても

継続し続けるということこそが、実は一番失敗しない投資方法なんです。

 

投資初心者が資産運用で失敗しないための3つのポイント

いかがだったでしょうか?

ここまでお伝えした、資産運用で失敗しない3つのポイントをまとめると

 

  1. 短期的な上げ下げに一喜一憂せず「長期投資」を心がける
  2. 全財産を1つに集中するのではなく「分散投資」をする
  3. 自分の裁量・感情に惑わされず「ドルコスト平均法」で投資する

 

 

上記3つのポイントを実践することが

資産運用で失敗する確率を極限まで減らす唯一無二の方法です。

 

 

ここでお伝えしていることは

資産運用・投資で失敗しないための基本的なスタンスなんですが

 

投資経験者の方でも

この3つ全てを忠実に実践できている方は少ないです。

 

 

 

もちろん、投資に対する考え方は

人それぞれですし、短期的なトレードが向いている人もいます。

 

しかし、投資の世界で成功しているのは

本当にごくわずかで、失敗している人の方が多いのが現実です。

 

 

もし、この記事を読んでいる方が

資産運用をしているけど、どうもうまくいかない。

 

という場合には、この記事でお伝えした

資産運用で失敗しない3つのポイントを再確認してみてください。

 

 

 

そして、投資初心者の場合

 

投資に興味はあるけど

なかなか始めることができない、いつエントリーするべき?

 

といったような、タイミングについて悩む人が多くないでしょうか?

 

 

投資を始めるからには、人間の感情として

できるだけ利益を確保したいと思うのは当然です。

 

不景気・不況な時こそが投資・資産運用を始めるチャンス?

それでは、一体いつどのタイミングで

資産運用を始めるのが良いのでしょうか?

 

 

この答えに対しては

明確な答えはありません。というより

 

「いつでも良い」

というのが、一般的な答えだったりします。

 

 

 

なぜなら、資産運用を始めようと思った時に

感情を入れずに無心でドルコスト平均法を使い

 

一定額を定期的に長期積み立てすれば

誰も失敗しないというデータがあるからです。

 

 

もちろん、アメリカ経済がそれこそ大きく破綻して

もう国として成り立たない

 

まさに北斗の拳のような世界になってしまったら

株も為替も資産運用もあったものではないので

 

 

 

その時は失敗と言えるかもしれませんが

世界経済は常に緩やかに発展していることを考えれば

 

長期的なスパンで資産運用を行っている限り

間違いなく失敗はないんです。

 

 

 

思い立ったが吉日。ではありませんが

資産運用を始めたいと思ったら、是非やってみてください。

 

 

はたから見ているより

自分で実際にやってみたほうが、何倍も得られることがありますし

 

投資というのは知識も大事ですが

体で覚える側面があるのも事実だったりします。

 

 

 

ちなみに、それでも始めるタイミングを

どうしても見計らいたいという方は

 

世の中が不景気だとか、不況だとか

株価が大暴落したとか、行き過ぎた円高だとか

 

 

 

そういうネガティブなニュースが

出た時が実はチャンスだったりします。

 

世界経済が不景気とか、不況というキーワードが出ると

人間の心理として、持っている株・投資信託などについて

 

損失を抑えようと売却をすることが多く

 

 

売りが売りを呼ぶではありませんが

どんどん株価が下がっていく局面が訪れます。

 

 

そうすると、長期的な視点で見ると

不景気・不況だと言われている時こそ

 

有望な主要銘柄が

大バーゲンセールになっていたりしていて

 

通常よりも割安で株などを購入することができるので

 

 

その後のリターンが期待できる

資産運用の最大のチャンスだったりします。

 

 

しかし、実際に世界経済が

不景気・不況だと騒がれている時になってみるとわかりますが

 

 

その不景気・不況の煽りを受けて

資産運用で損失を出している、あるいは含み損が大きい

 

という状況を周りから

これでもかと聞いているので

 

 

 

やっぱり投資って怖い、資産運用って損しそう

という感情に陥りがちで

 

 

いざ世の中が不景気になって

株価急落!大暴落!という文字が新聞の一面を飾ったり

 

テレビのニュースやインターネットに

リーマンショックの再来か?という文字が出た時に

 

 

よし!今こそ投資だ!資産運用だ!

今が人生最大のチャンスだ!投資するぞ!!

 

 

 

という感じで意気揚々と始められるかというと

実際にはそうでもないので

 

コツコツと少額で積み立て運用を

始めるのが最終的にはベストな選択だったりします。

 

感情に振り回されない仕組みを使ってドルコスト平均法で分散投資

投資初心者であればあるほど

このブログ記事でお伝えした、下記3つのポイント全てを実践できていません。

 

  1. 短期的な上げ下げに一喜一憂せず「長期投資」を心がける
  2. 全財産を1つに集中するのではなく「分散投資」をする
  3. 自分の裁量・感情に惑わされず「ドルコスト平均法」で投資する

 

 

 

自分ではできているつもりでも

案外忘れてしまっていませんか?

 

 

私自身も最初の頃は、いざ分散投資だ

やれ長期投資だって意識しているつもりでしたが

 

実際に資産運用を開始して

少し時間が経過すると

 

毎日の値動きが気になりだして

景気が悪くなって日経平均が落ち始めて

 

 

 

資金管理がうまくできずに

気がついたらドルコスト平均法をやめてしまっていて

 

景気が悪くなって損失が出てきたら

自分の感情に任せて保有銘柄を売却したことが何度もあります。

 

 

頭の中ではわかっているつもりでも

いざ実際に自分でやろうとすると

 

周りの環境や心理的な恐怖心に惑わされてしまい

 

 

本当にこのままで大丈夫だろうか??

 

 

 

という風に

自分を疑い始めてしまい

 

最初に決めていたルールを無視して

感情に任せたトレード・売買を繰り返していませんか?

 

 

 

不思議ですよね?

「ドルコスト平均法」こそ失敗しない最良の投資手法なのに

 

なぜか、そのベストな手段を

自ら辞めて、最終的に失敗する方法を選択している人が大多数なんです。

 

 

 

これは人間の心理として

起こりうるべく起こっているので

 

失敗する自分を責める必要はありませんが

 

 

そういう人間の心理をついて

ヘッジファンドのようなプロは仕掛けてきます。

 

 

 

 

長期保有すると決めたなら

もう値動きを一切見ない!と決めて

 

本当に6ヶ月、1年ぐらいのスパンで

 

 

個別銘柄どころか日経平均の情報すら

完全に遮断するぐらいな勢いの方が実は良かったりします。

 

 

投資で失敗しないためには

 

「長期投資」

「分散投資」

「ドルコスト平均法」

 

 

 

この3つがとても重要なキーワードです。

 

 

これを無心で、例えどんな状況に陥っても

 

人間の心理・感情に惑わされずに

何も考えずに淡々と実践するのが失敗しないベストな資産運用なんです。

 

誰でもできる失敗しないベストな資産運用・投資先はどこ?

ここまで読んでくれた方であれば

すでに気が付いているかもしれませんが

 

「長期投資」

「分散投資」

「ドルコスト平均法」

 

 

が良いことは理解しているけど

じゃあ、具体的にどうしたらいいの?

 

と思っているのではないでしょうか。

 

 

「長期投資」で時間を味方につけて

「分散投資」でリスクを最小限にして

 

「ドルコスト平均法」を活用することで

 

 

いつ投資を始めても

失敗しないということをお伝えしてきましたが

 

 

それじゃ一体

何に投資したら良いの!?

 

 

 

という具体的な投資先については

まだお答えできていませんでした。

 

 

もちろん、ご自身で調べて

将来有望な企業や、ここ数年で必ず需要が加熱するセクターを

 

自分で考えて調べることができるのであれば

自分で投資する先を選べば良いんですが

 

 

 

投資初心者の方や経験が浅い方ですと

具体的に何に投資した良いのかわからない・・・

 

 

という人がとても多いのが現実です。

 

 

 

ここで下手に自分の判断で

投資先を選択してしまうと失敗してしまうので

 

投資初心者や経験が浅い方ですと

一体どうしたら・・・という悩みが出てくると思います。

 

 

投資はやってみたいけど

具体的に何に投資したら良いかわからない。

 

個別銘柄に投資してみたけど

損失ばかりで、うまくリターンが手にできない。

 

 

 

という方に対する答えは

非常に単純明快で、絶対に失敗しない投資先は

 

「世界経済全体」です。

 

 

もう少し詳しくお伝えすると

「世界経済全体」というのは

 

世界全体の主要な株式・債権・金・不動産に満遍なく投資する。ということです。

 

 

 

もちろん短期的に見れば

 

それこそリーマンショックのような

世界全体を巻き込んだ大幅な下落はありますが

 

 

 

世界経済というのは

「緩やかに上昇」し続けています。

 

 

もちろん、世界各国の経済情勢や

局地的な下落要因は多々存在しています。

 

 

しかし、マクロ的に考えれば

経済的に発展しようとしない国はありませんし

 

 

世界の有名企業であれば

必ず企業価値を高めようと日々努力をし続けます。

 

 

全体的に俯瞰して見れば

成長し続けない国は生き残れませんし

 

世界全体で見れば

成長し続けないわけにはいかない構図となっています。

 

 

つまり、これこそが資本主義社会の仕組みだったりします。

 

 

もちろん世界経済全体で平均してしまうので

その成長度合いは緩やかですが

 

事実として、ここ何十年というスパンで

世界経済は緩やかに上昇し続けています。

 

 

 

これは資本主義という枠組みで

生き続けているからには

 

企業努力をし続けなければ

従業員を雇用し続けられませんし

 

 

お客様に価値を提供し続けなければ

リターンとなる利益を手に入れることはできません。

 

 

 

もしこのブログ記事を読んでいるあなたが

具体的に投資するべき銘柄を自分で選べないのであれば

 

「世界経済」全体に投資してしまった方が失敗しません。

 

 

そして「世界経済」全体に

満遍なく投資することこそが

 

まさしくこのブログ記事でお伝えした「分散投資」になります。

 

 

 

つまり「世界経済全体」に満遍なく

「長期的」に「ドルコスト平均法」で投資し続ける

 

この投資手法こそが、誰もが失敗しない資産運用になります。

 

投資初心者は世界経済全体に投資するロボアドバイザーがおすすめ

いかがだったでしょうか?

資産運用を失敗しないためには

 

「分散投資をして」

「長期的に」

「ドルコスト平均法で積み立てる」

 

 

という基本的な姿勢が絶対条件となり

 

その中でも特に

「世界経済全体」に分散投資することこそが

 

資産運用を失敗しない方法だとお伝えしました。

 

 

とは言っても

 

「世界経済全体」に満遍なく投資するというのは

そんなに簡単ではありませんし

 

 

その時その時の状況に応じて

資産ポートフォリオをリバランスをしないと

 

最大パフォーマンスを発揮することができないもの明らかだったりします。

 

 

 

このポイントを個人で全部やるには

正直なところ難しい部分がありますが

 

 

最近では「個人」が「簡単」に

「世界経済」に対して

 

「ドルコスト平均法」で

「自動積立投資」が可能なサービスがあります。

 

 

それが、自動資産運用サービス

通称:ロボアドバイザーサービスです。

 

 

 

正確にお伝えすると

米国のETFを自分で購入することができれば

 

同じようなことが実現できますが

投資初心者には、正直ハードルが高いです。

 

 

 

一昔前では、世界経済全体に投資できる

米国ETFを購入するのは、一手間かかっていましたが

 

 

今となっては私も実際に使っている

 

ウェルスナビ(WealthNavi)のような

ロボアドバイザーサービスを活用することで

 

 

 

「個人」でも「簡単」に

「世界経済全体」に対して

 

「分散投資」することができ

「自動積立」運用が可能となっています。

 

 

具体的にはウェルスナビのような

ロボアドバイザーサービスに無料口座開設をして

 

そこに入金するだけで

あとは自分が何もすることなく

 

「世界経済」に対して「分散投資」することができます。

 

 

 

あとは開設した口座に対して

毎月○万円を自動的に積み立て入金する設定をすれば

 

このブログ記事の最初にお伝えした

「ドルコスト平均法」が可能となります。

 

 

 

あとは、何も考えずに無心で

周りの状況に決して惑わされず「長期的」に投資し続ければOKです。

 

 

少し前の時代であれば

色々と調べてアセットアロケーションを自分で調整して

 

複数の投資信託を使って

最適なポートフォリオを組み立てて

 

 

 

ある程度の期間が経過したら

自分でリバランスをしなければなりませんでしたが

 

今の時代であれば、その手間を

全自動でロボアドバイザーがやってくれます。

 

 

 

したがって、投資初心者であればあるほど

お金を入金するだけであとは何もする必要がない

 

ロボアドバイザーサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

資産運用を自動でやってくれる

ロボアドバイザーサービスは

 

各社から色々と提供されているので

一度調べてみると良いですが

 

 

 

運用実績と自分の大切な資産・お金を預ける

という観点において安心できる

 

ウェルスナビ(WealthNavi)を私はおすすめしています。

 

 

私がお伝えした「世界経済全体」に

「分散投資」をして

 

「長期的」に「ドルコスト平均法」をすることが

ウェルスナビでは可能ですし

 

 

 

他のロボアドバイザーサービス

例えば「THEO」も利用していましたが

 

運用成績と税金関連でイマイチでしたで

今ではウェルスナビをメインの資産運用としています。

 

 

 

もちろん、おすすめするからには

 

私自身もウェルスナビ(WealthNavi)に

1000万円以上入金していますので

 

 

具体的な運用成績が気になる方は

他のブログ記事を参照してみてください。

 

 

 

 

大切なことですので

最後にもう一度お伝えしますが

 

私たちのような個人が資産運用で失敗しない唯一の方法は

 

 

「世界経済に分散投資」をして

短期的な値動きに惑わされず「長期的」に

「ドルコスト平均法」で淡々と積み立てる

 

 

です。

 

 

これを実現する一番簡単な方法は

入金するだけで、世界経済全体に投資が可能

 

 

かつ、自動的に一定額を

定期的に積み立てることが可能な

 

ロボアドバイザーサービスが現状としてはベストです。

 

 

 

ウェルスナビを始めとする

ロボアドバイザーサービスは

 

全世界に分散投資する米国ETFを主軸に

それこそ世界経済全体に分散投資しています。

 

 

 

ですので、世界経済に投資する

ロボアドバイザーに毎月一定額でも良いので

 

定期的に自動積立運用をすることで

誰もが失敗しない資産運用が実現できます。

 

 

資産運用で失敗しない3つのポイントは

 

  1. 短期的な上げ下げに一喜一憂せず「長期投資」を心がける
  2. 全財産を集中するのではなく「世界全体」に「分散投資」をする
  3. 自分の裁量・感情に惑わされず「ドルコスト平均法」で投資する

 

 

ですので、上記3つのポイントだけは

絶対に忘れないでくださいね。

 

 

 

もしこのブログ記事を読んでいる方が

銀行にお金を眠らせているだけであれば

 

プロと同じだけのリターンを手にすることができる

自動資産運用サービス(ロボアドバイザー)ウェルスナビをご検討ください。

 

 

興味がある方は、ウェルスナビ公式ページでまずは運用プランの無料診断をしましょう。

 

ウェルスナビ誘導バナー

今回、ウェルスナビとタイアップして

現金がプレゼントされるキャンペーンを実施することになりました!

↓ ↓ ↓

WealthNaviタイアップキャンペーン

現金プレゼントタイアップ特典を受け取るにはこちらをクリック

-WealthNavi, 資産運用

Copyright© プロブロガーになって本を出版することになるブログ by naoki1741 , 2018 All Rights Reserved.